レディ

【仕事と資格取得を両立】理学療法士になるなら夜間学校を利用しよう

需要のなくならない職業

メンズ

かかる費用とは

理学療法士になるには指定された養成校を修了し、受験資格を得てから理学療法士の国家資格を受験して合格すると理学療法士になることができます。理学療法士の学校は全国にあります。夜間部を受け入れを実施しているところもありますが、理学療法士の養成校は全体の15%ほどしか夜間部を設けていないので、それほど多くはありません。養成校自体は以前と比べると増えていて、毎年1万人ほどの理学療法士が誕生しています。夜間部で通う利点は、昼間働きながら、夜勉強できるところと昼間よりも費用が安く抑えられるところです。また、夜間部は様々な年齢層の人が通っているため、若い人中心の昼間部とはまた違った雰囲気があります。社会人から資格取得を目指している人が増えるので、相手が年下ばかりに偏ることもなく、そういった点では安心できます。夜間部の授業は昼間の授業と比較すると少なくってしまうので、年間にかかってくる学費が安くなる傾向です。総額にすると約20〜40万もの差が出てきます。学費以外にも諸経費がかかってくるので、しっかりと準備が必要です。学費の他には、入学金や教科書代、通学費といったものがかかります。他にも、実習費や実習先が遠方の場合には宿泊費なども必要となるのです。注意してほしいのが、実習のときにかかる費用が学費に含まれている学校と含まれていない学校があります。そのため、入学を考えている人は、そういった点をよく調べておきましょう。

勉強

効率良く学べる教育機関

理学療法士になるためには専門の教育機関で一定期間にわたるプログラムを受講することが必要です。この際には夜間に開講されているカリキュラムを利用する事もでき、時間を有効に活用して専門知識の習得に励む事ができます。

施術

働きながら効率良く

理学療法士になるために、養成学校の夜間部に通う人が増えています。夜間部なら、日中に理学療法士の助手として働き、現場経験を積みながら学習できるからです。もちろん他の仕事をすることも可能です。労働報酬が入るため、それを学費に充てることもできます。仕事が休みの時には、校内の設備も利用できます。

男の人

働きながら勉強ができる

医療関係の資格の中でも身体機能の回復をサポートする理学療法士が人気です。受験条件は認定校での所定の科目の修了があり、夜間部に通って働きながら取得を目指す人もいます。夜間部のメリットは、昼間リハビリ施設で働いて学費を稼いで夜間で学べたり、卒業生から直接指導をしてもらえたりできるのです。